2017-04-11

TRUC TROC 2016

Tous les préjugés viennent des intestins
 
A l'intérieur du corps humain, 
il y a ce qui se voit et ce qui se voit pas; 
les organes et lessentiments, la matière et l'esprit.

Comment représenter ce qui se voit, et mieux encore ce qui se voit pas? 
Je suis tenté d'aborder cela par une matérialisation de l'intérieur du corps humain...



«Tous les préjugés viennent des intestins » est un projet qui me permet de faire le lien entre la vie minimale de la cellule, et les déchets que nous produisons .
Parler des déchets, les représenter, me paraît pertinent à notre époque où l'on parle autant
d’environnement. Mais lorsque l'on évoque le recyclage aujourd'hui on recompose une matière morte dans un circuit court, par exemple, c'est le cas du plastique ou des vêtements synthétiques, qui restent des objets non transformables naturellement.
Par contre nos déchets organiques se transforment dans une toute autre matière,
puisqu'ils produisent à nouveau de la vie. De ces déchets là naissent les arbres, les fleurs, etc..

Les êtres humains aiment beaucoup parler de la nourriture, de ce qu'ils s'approprient, et de ce qu'ils ingèrent, mais il parlent très peu de ce qu'ils rejettent. Le caca, c'est une forme organique qui se trouvait dans notre ventre avant d'en sortir.

Partir d'un fil qui devient une forme a quelque chose de magique, mais il faut toujours une action humaine pour donner forme à un nouvel objet. C'est un peu comme le langage.
Je fabrique des objets en trois dimensions, ils doivent être disposés et cherchent une relation entre eux.









2015-11-23

Eco tawashi"caca"et livre « Merde.... » de David Waltner-Toews

Une éponge écologique crochetée efficace pour nettoyer le lavabo...

エコタワシ「うんち」






排泄物といえばうんち。
うんちといえば、この本を読まないでなにも語れない。

ということで、

 デイビッド・ウォルトナー=テーブズ著
『排泄物と文明』
*
*
*
言語は思考を反映する。
そして思考は生活の中で直面する問題に対して、想像しうる選択肢の種類を規定する。
ヒトや他の動物の尻から出てくるものについて語れない理由が言語なら、
よりよい技術など二の次だ。第一章p22

Notre langage reflète notre pensée, et nos pensées déterminent le type d'options que nous pouvons imaginer face aux défis de la vie.S'il est linguistiquement embarrassant d'évoquer ce qui sort du derrière des humains et des autres animaux, le défi dépasse la simple question de l'amélioration technique. p28

*
*
 
あなたの身体は日々入れ替わっている。
便器やおまるの中を覗いてみよう。それはただの便サンプルではない。昔の私だ。
それが人生だ。第二章p32

Chaque jour, des parties de nous sont remplacées.Regardez dans la cuvette de vos toilettes ou dans votre pot de chambre ; ce ne sont pas seulement des crottes que vous y verrez, mais l'ancien vous.C'est la vie.
p39

*
*

生物が生まれる前、ウンコはなかった。第三章p47

Avant la vie, il n'y avait pas non plus de merde.P55

*
*

人類を生んだ自然界を、ふるさととして想う心を取り戻すために、
私たちはさらにこの先を行く必要がある。
細胞から動物、そして生態系への意識の転換を続けよう。
それをさらに素粒子から宇宙にまで拡大しよう。
それから今私たちが生きる場所に戻って、見ているものすべてが、
今の自分と未来の自分をあらしめるために、どう連動しているかを考えるのだ。
このように自分自身を考え直すことの入り口となる一つの方法が、
ある時と場所での人間を含めた個々の動物の食と排泄の行動を考えることだ。
このような行動と、それに伴ってできる排泄物は、元素を循環させ、
環境を形作り、生態系が発生し、我々が我々であるよりどころとなる
「現実世界」のメカニズムを表わす。第三章p65

Il faut pourtant dépasser ce stade pour nous sentir à nouveau chez nous dans le monde naturel qui nous a donné naissance. Il faut continuer à pratiquer le changement d'échelle de la cellule à l'animal et à l'écosystème, et aller plus loin encore pour passer des particules subatomiques à l'univers entier.
Et revenir ensuite à l'endroit où nous vivons pour réfléchir à la façon dont tout ce que nous observons collabore pour créer ce que nous sommes et ce que nous pouvons devenir. On peut notamment prendre en considération les habitudes d'alimentation et de défécation des animaux, y compris les humaines, en des lieux et à des moments particuliers. Ces comportements, et les excréments qui leur sont associés, représentent les mécanismes du « monde réel »grâce aux quels des éléments sont recyclés, des paysages sont crées, d'où naissent des écosystèmes et par lesquels nous en sommes venus à être ce que nous sommes.

*
*


動物は自分が生きる生態系を豊かにすることを計画しているわけではない。
それでも、共進化、複雑な植物網、排便、種を越えた再生が、
動物たちが繁栄することができる生息地をもたらした。
糞はバクテリア、菌類、植物、微小生物の餌であり、
そして元の動物の子孫の新たな植物とすみかという形で「生まれ変わる」のだ。
生物学的に、すべての種の排便行為は、私たちを生命、誕生、食、脱糞、死、再生の見事な共同体として結びつける一種の贈り物だ。
私たちがものを食べるとき、私たちは生物圏から贈り物を受け取っている。
私たちがウンコをするとき、私たちはお返しをするのだ。
私たちの摂食と排便行為は、我々がこの地球上でどのような市民であるか、
いかなる投票行動よりも多くを物語る。
これが、クソがクソの役には立つ根本的な理由なのだ。第四章p84

Les animaux ne prévoient pourtant pas d'enrichir les écosystèmes dans lesquels ils vivent. Néanmoins, les réseaux complexes et coévolutionnaires de l'alimentation, de la défécation et du renouveau fournissent des habitats dans lesquels ces animaux peuvent s'épanouir.
Les selles, qui nourrissent les bactéries, les champignons, les plantes et la microfaune, « renaissent »sous la forme de nouveaux aliments et de nouveaux abris pour les descendants de ces animaux.
Sur le plan écologique, les pratiques de défécation de toutes les espèces sont une sorte de cadeau qui nous unit tous au sein d'une magnifique communauté de vie, de naissances, de nourriture, de défécation , de mort et de renaissance. Quand nous mangeons, nous recevons un cadeau de la biosphère. Quand nous déféquons, nous rendons ce qu'on nous a offert. Notre façon de nous nourrir et de déféquer en dit bien plus long que toute autre information sur le genre de citoyen que nous sommes sur cette planète. Voilà pourquoi fondamentalement, seule la merde ne ment pas.

*
*
 
私たちは、動物、植物、バクテリアのすばらしく複雑な多様性を奪い去り、
バクテリアと養分のごたまぜに変えている。
私たちは不思議で複雑な惑星をクソの山にしているのだ。第七章p143

Nous prenons une diversité admirable et complexe d' espèces animales, végétales et bactériennes, et nous la transformons en un mélange désordonné de bactéries et de nutriments. Nous transformons une planètes merveilleuse et complexe en tas de merde.

*
*

真昼にもかかわらず、日蝕のように空は暗くなり、
鳥の列が膨らむにつれて、糞が雪のように降ってきた。
三日三晩というもの、巨大な群れが時速95キロの速さで、
縮小することも途切れることもなく頭上を飛びすぎていった。
ついには空気そのものにハトの匂いがし、糞で地面は真っ白になった・・・。
オーデュボンの計算では、1813年の秋に遭遇した群れには250億羽という想像を絶する数の鳥がいた。
ティム・フラナリー、ジョン・ジェームス・オーデュボンの著作に登場するリョコウバトについて 
第九章p170

Alors qu'il était midi, le ciel s'est assombri comme lors d'une éclipse, et alors que les nuées d'oiseaux s'épaississaient, leur fiente s'est mise à tomber comme des flocons de neige. Pendant trois jours et trois nuits, cette immense troupe nous a survolés, à une vitesse régulière de 95 km/h, sans faiblir ni marquer de pause. L'air même a fini par sentir le pigeon, et leurs fientes avaient blanchi le sol...Selon le calcul d' Audubon, la troupe qu'il avait rencontrée à l'automne 1813 se composait du nombre incroyable de 25 milliards d'oiseaux.
Tim flannery, à propos des pigeon passagers dans l'oeuvre de John James Audubon

*
*

世の中には、あってはならないあらゆる場所にウンコが多すぎるという者もいるだろう。それでも、この排泄物すべてに不思議な美しさや、
ある種の感動を見る瞬間ー糞虫が働いているところを見たり、
何百万というバラ色の胸の鳥から糞のシャワーを浴びせられたりーもある。

Certains diraient peut-être qu'il y a trop de merde dans le monde, et toujours au mouvais endroit. Il y a pourtant des moments- lorsqu'on observe un bousier en plein travail, ou lorsqu'on est arrosé par des millions d'oiseaux au poitrail rose – où l'on peut trouver une étrange beauté, ressentir une certaine émotion face à tant d' excrément.

*
*
ウンコは恐ろしくもあり畏れるべきものでもあるが、
それには目的もありその美は目的の中にある。

La merde peut être à la fois épouvantable et admirable, 
mais elle a aussi une raison d'être, et sa beauté réside dans cette raison d'être.

*
*
*

2014-01-31

EXPOSITION D'HIVER 《FLUX ET COUPURE》 神の裁きと決別するため~序~


糞便性の探求 アントナン・アルトー

糞の臭うところには
存在が臭う
人間は糞をしないことだってできたかもしれぬ、
肛門の袋を開かぬ事もできた、
しかし彼は糞をすることを選んだ
死んだまま生きることには同意せず
生きることを選んだからであろう

つまり糞をしないためには、
存在しないことに同意しなければならなかっただろう、
けれど彼は存在を失っもいいとは思わなかった、
つまり生きたまま死んでもいいとは思わなかったのだ

存在の中には
人間を
特にひきつけるものがあるのだが
それはまさに
糞”なのである

Antonin Artaud - La Recherche de la Fécalité

Là où ça sent la merde
ça sent l'être.
L'homme aurait très bien pu ne pas chier,
ne pas ouvrir la poche anale,
mais il a choisi de chier
comme il aurait choisi de vivre
au lieu de consentir à vivre mort.

C'est que pour ne pas faire caca,
il lui aurait fallu consentir
à ne pas être,
mais il n'a pas pu se résoudre à perdre
l'être,
c'est-à-dire à mourir vivant.

Il y a dans l'être
quelque chose de particulièrement tentant pour
l'homme
et ce quelque chose est justement

LE CACA















*
*
*


Eli Eli Lama sabachthani?



Dans mat. 27 ; 46
マタイ27・46

 Mon Dieu, mon Dieu, pourquoi m'as-tu abandonné?

My God, My God, why have You forsaken Me?

  わが神、わが神。どうして私をお見捨てになったのですか。

*
*
*
*

2013-12-17

EXPOSITION D'HIVER 《FLUX ET COUPURE》

Miku va "emmerder" l'hôtel avec sa collection de cacas en crochet.
  Mais ce n'est pas tout !

Le 20/12/2013
19h~22h 
à Hôtel Rustique
 《流れと切断》

あらゆるものに流れはあり、またたえず切断され、
これらがまた他の流れを生産し、その流れは別のものによって再び切断される。
身体の中で生産され流れ切断されるものたち。
  それらとは、まさにうんちなのであり、存在の臭いである。

生命は糞をする。
死んだまま生きることには同意せずに。
存在を失わないために。
身体の中で流れと切断が起こるとき、身体は存在を無意識に確認する。

そこからアルトーと糞と細胞と生を考える。
L'homme fait caca, au lieu de consentir à vivre mort.
L'être-vivant qui fait caca, se déplace en soi comme mué.
Soit, l'être vivant accepte son existence personnelle. Les excréments ne seraient pas dans ce cas seulement des excréments, mais ils seraient alors comme les restes, les quelques traces d' existence, que l'être humain laisserait derrière lui.
Soit il choisi d'ignorer ces traces, ces excréments, et choisi de se taire....

En tout cas, comme manifestement l'être vivant fait caca, cela forme comme un rappel de l'origine de notre cellule...
Le voyage, depuis la naissance de la cellule au rejet des excréments, est un voyage qui nous fait traverser l'espace-temps.




2012-01-30

「La Peur de la liberté 」











『「自由からの逃走』
   エーリッヒ フロム



自由を求めてやまない人間の心理に潜む、自由から逃走したいという矛盾した願望…、
人間は自由であればあるほど、その自由の重荷に耐えることができない、ということ。

だれかに依っていたいし、それによって自分を支えていたい。
誰かに縛られていたいし、それによって自分の存在を確認していたい。
それは誰にとっても共通の問題だし、そのコンプレックスは、「個別」がはっきり見える現代こそ容易ではない。


「自由からの逃走」の原因となる「権威主義的パーソナリティ」を持つ人たちは、「個人の自由」を実現するための大きな自己責任を 負うことができない。フロムは、破滅的な社会病理の様相を見せる権威主義的パーソナリティやサディズム(マゾヒズム)に誘惑されない為に、「生産的な生 活・他者への愛情・個人の自由の尊重・人間性の肯定」が大切であると主張した。

個々人の幸福や自由を尊重する「人道主義的な倫理」を全体的な利益を追求する「権威主義的な理想」よりも重視したフロムは、国 民一人一人が「自由からの逃走」を否定する生産的(創造的)な生活と主体的な責任感を持つことで、全体主義の悲劇を回避できると考えた。依存心や逃避欲求 を持つ私達は、自由主義の責任感と個人主義の孤独感に耐え切れなくなった時に、権威主義的パーソナリティを持つようになり「絶対的な権威(中心的な価値 観)」や「他者との一体感(数の論理)」に従属して自分の人生の自由を放棄してしまうのである。


以下は「自由からの逃走」引用

我々は、人間が彼に何を為すべきで、何を為すべきでないかを教えるような、外的権威から解放されて、自由に行動できるようになったことを誇りに思っている。しかし我々は世論とか「常識」など、匿名の権威というものの役割を見落としている。我々は他人の期待に一致するように深い注意を払っており、その期待に外れることを非常に恐れているので、世論や常識の力は極めて強力となるのである。言い換えれば、我々は外にある力からますます自由になることに有頂天になり、内にある束縛や恐怖の事実に目を塞いでいる。122ページ


人間はかれを精神的な権威に縛り付けているあらゆる絆から自由になるが、しかしまさにこの自由が、孤独と不安感とをのこし、無意味と無力感とで人間を圧倒するのである。自由で孤独な個人は、自己の無意味さの経験におしつぶされる。89ページ

多くの読者は、個人を観察してえられた発見が、はたして集団の心理学的理解に適用できるかどうかを疑うかもわからない。この問いに対して、われわれははっきり役に立つと答えよう。どのような集団も個人によってできたものであり、しかも個人以外のものによってできているものはない。それゆえ、集団のなかで働いているメカニズムは、個人のなかで働いているメカニズムにほかならない。155ページ

人間は歴史によって作られるだけではなく、歴史も人間によって作られる。この一見矛盾したことがらを解決するのが、社会心理学の領域である。社会心理学の仕事は、社会過程の結果として、情熱や欲求や不安が、どのように変化し発展するかを示すだけでなく、このように特殊な形となった人間のエネルギーが、今度は逆に、どのように生産的な力となって社会過程を作っていくのかも、示さなければならない。20ページ

自由はバラ色とは限らず、痛烈な孤独と重い責任を伴うがゆえに、安易さを求める大衆にとっては、逆に呪縛ともなりえる。それからの「逃避」の欲求が、ドイツ国民が全体主義に取り込まれる理由の一つだった。








2011-12-31

Remember your humanity, and forget the rest.




Souvenez-vous de votre humanité. Oubliez le reste.

あなたがたの人間性を思い出し、そしてその他のことを忘れなさい。

ラッセル=アインシュタイン宣言の着想

(From: The Autobiography of B. Russell, v.3, 1967).

「人類の危機」と題する(1954年12月23日の)BBCクリスマス放送の'最後'を次のような言葉で結んだ。

「もし人々が皆その気になれば、人類の前には、幸福と知識と知恵の不断の進歩が横たわっている。それなのに争いを忘れることができないという理由で、死を選ぼうとするのか。私は一個の人間として(as a human being)、人間に向かって訴える。'人間性'を想い出しなさい。それ以外を忘れなさい。それができれば、新しいパラダイスヘの道が開ける。さもなければ、人類の絶滅しかないだろう。」

こ の放送の反響を知り、私は次に何を為すべきかを考えた。諸国の協力を得るために、全力を傾倒する必要があると悟った。資本主義国からも、共産主義国か らも、数多くの非常に有名で尊敬されている科学者達がこぞって進んで署名し、より一層彼ら(科学者達)と共同行動をとるように要請する声明文を作成するこ とも可能かも知れない、との考えが浮んだ。まずアインシュタイン博士に手紙でこの計画について打診した。彼の熱心な返事には、健康が勝れないから共鳴しそうな科学者の名前をあげることぐらいしかできないが、計画を至急実行に移すこと、私(=ラッセル)自身が声明書の草案を書いてほしいとの二点が書かれてあった。これが、宣言(発表)への出発点であった。英国国会の世界連邦委員会関係議員とともにローマに向かう飛行機の中で、アインシュタインの訃報をパイロットの機内アナウンスで知り、全く生きた心地がしなかったが、パリのホテルに到着すると、声明書に署名する旨の彼からの手紙が届いていたのでホッとした。彼の生涯での公的な最後の仕事の一つとなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人類が直面している悲劇的な状況の中、科学者による会議を召集し、'大量破壊兵器'の開発によって生ずる危機について評価し、ここに添えられた草案の精神において(最後にあげた)'決議'について討議すべきであると、我々科学者は感じている。

私たちが今この機会に発言しているのは、特定の国民や大陸や信条の一員としてではなく、存続が危ぶまれている人類、即ち、'ヒト'という'種'の一員としてである。世界は紛争に満ちている。そうして、全ての小規模な紛争の上にかぶさっているのは、共産主義と反共産主義との巨大な戦いである。

政治的な関心の高い人々のほとんどは、こうした問題のいずれかに強い感情を抱いている。しかしできるならば、そのような感情から離れて、すばらしい歴史を持ち、私たちの誰一人としてその消滅を望むはずがない生物学上の種の成員として反省してもらいたい

私たちは、一方の陣営に対し、他の陣営に対するよりも強く訴えるような言葉は、一言も使わないように心がけよう。すべての人がひとしく危機にさらされており、もしこの危機が理解されれば、全ての陣営がその危険を回避する望みがある。

私たちは新たな思考法を学ぶ必要がある。私たちが自問しなければならないのは、私たちがいずれの陣営を好もうと、自分の好む陣営に軍事的勝利をもたらすためにはいかなる手段(処置・方法)をとればよいかということではない。なぜならそうした手段はもはや存在しないからである。私たちが自問すべきは、双方に悲惨な結末をもたらすにちがいない'軍事的な争い'をいかなる手段をとれば防止できるかである。

一般の人々、そして権威ある地位にある多くの人々でさえも、核戦争によっていかなる事態が発生するか、未だ認識していない。一般の人々はいまでも都市が抹殺されるくらいにしか考えていない。(たしかに)新型爆弾が旧型爆弾よりも強力だということ、原子爆弾なら1発で広島を抹殺できる(た)のに対し、水爆なら1発でロンドンやニューヨークやモスクワのような巨大都市を抹殺できるだろうことは、一般に理解されている。

水爆戦争になれば大都市は消滅するだろうことは疑問の余地がない。しかしこ れは、私たちが直面しなければならない小さな悲惨事の1つであ る。仮にロンドン、ニューヨーク、モスクワのすべての市民が絶滅したとしても、2、3世紀のあいだには世界は打撃から回復するかもしれない。しかしながら 今や私たちは、とくにビキニの実験以来、核爆弾はこれまで想像されていたよりもはるかに広範囲にわたってしだいに破壊力を拡大できることを理解している。

ごく信頼できる権威筋によると、現在では広島を破壊した爆弾の2,500倍も強力な爆弾を製造できるとのことである。もしそのような爆弾が地上近くまたは水中で爆発すれば、放射能をもった粒子が上空へ吹き上げられる。そしてそれらの粒子は'死の灰または雨(いわゆる「黒い雨」)'の形で徐々に落下してきて、地球の表面に降下する。日本の漁師たちとその漁獲物を汚染したのは、この'死の灰'であった。そのような死をもたらす放射能に汚染された粒子がどれほど広く拡散するのかは誰にもわからない。しかし最も権威ある人々は一致して水爆による戦争は実際に人類に終末をもたらす可能性があることを指摘している。もし多数の水爆が使用されるならば、全面的な死滅 -即死するものはほんのわずかだが、大部分のものは長い間病気の苦しみを味わい、肉体は崩壊してゆく、という恐れがある

著名な科学者や権威者たちや軍事戦略の権威者から、多くの警告が発せられている。(にもかかわらず、)最悪の結果が必ず起こるとは、だれも言おうとしない。 彼らが言っているのは、このような結果が起こる可能性があるということ、そしてだれもそういう結果が実際起こらないとは断言できないということである。こ の問題についての専門家の見解が彼らの政治上の立場や偏見に少しでも左右されたということは今まで見たことがない。私たちの調査で明らかになったかぎりで は、それらの見解はただそれぞれの専門家の知識の範囲にもとづいているだけである。一番よく知っている人が一番暗い見通しをもっていることがわかった。

さて、ここに私たちが皆さんに提出する問題、きびしく、恐ろしく、そして避けることのできない問題がある -即ち、私たちは人類に絶滅をもたらすか、それとも人類が戦争を放棄するか? -戦争を廃絶することはあまりにも困難であるという理由で、人々はこの二者択一という問題を面と向かってとり上げようとしないであろう。

戦争の廃絶は国家主権に不快な制限を要求するであろう。しかし、おそらく他のなにものにもまして事態の理解をさまたげているのは、「人類」という言葉が漠然としており、抽象的だと感じられる点にあるだろう。 危険は単にぼんやり感知される'人類'に対してだけではなく、自分自身や自分の子どもや孫たちに対して存在するのだが、人々はそれを想像力を働かせること によって認識することは、ほとんどできない。人々は個人としての自分たちめいめいと自分の愛する者たちが、苦しみもだえながら死滅するという、切迫した危 険状態にあるということをほとんど理解していない。そうして人々は、近代兵器さえ禁止されるなら、戦争は継続してもかまわないだろうと、思っている(希望的観測をしている/楽観している)

この思い(希望)は幻想である。たとえ水爆を使用しないといういかなる協定が'平時'(平和時)に結ばれていたとしても、戦時にはそのような協定はもはや拘束とは考えられず、戦争が起こるやいなや双方とも水爆の製造にとりかかるであろう。なぜなら、もし一方が水爆を製造して他方が製造しないとすれば、水爆を製造した側はかならず勝利するにちがいないからである。

軍備の全面的削減の一環としての核兵器放棄に関する協定は、 最終的な解決には結びつかないが、一定の重要な役割を果たすだろう。第一に、お よそ東西間の協定は、緊張緩和を目指すかぎり、いかなるものであっても有益である。第二に、熱核兵器の廃棄は、もし相手がこれを誠実に実行していることを 双方が信じていれば、現在双方を神経質的な不安状態に落とし入れている'真珠湾式の奇襲攻撃の恐怖'を減らすことになるであろう。それゆえ私たちは、ほん の第一歩ではあるが、そのような協定は歓迎すべきである。

大部分の人間は感情においては中立ではない。しかし人類として、私たちは次の ことを忘れてはならない。すなわち、もし東西間の問題が何らかの方法で解決さ れ、誰もが ―共産主義者であろうと反共産主義者であろうと、アジア人であろうとヨーロッパ人であろうと、またアメリカ人であろうと、また白人であろうと黒人であろう と―、何らかの可能な満足を得られなくてはならないとすれば、それらの問題は戦争によって解決してはならない。私たちは、東側においても西側においても、 このことが理解されることを望んでいる。

私たちの前には、もし私たちがそれを選ぶならば、幸福と知識の絶えまない進歩がある。私たちの争いを忘れることができないからといって、そのかわりに、私たちは死を選ぶのであろうか? 私たち(宣言署名者)は、人類として、人類に向かって訴える― あなたがたの人間性を思い出し、そしてその他のことを忘れなさい、と。もしそれができるならば、道は新しい楽園へむかって開けている。もしできないならば、あなたがたのまえには全面的な死(全体的破滅)の危険が横たわっている

決 議:

私たちはこの会議(後のパグウォッシュ会議)を招請し、その会議を通じて世界の科学者たちおよび一般大衆に、以下の'決議'に署名するよう勧める。

将 来の世界戦争においてはかならず核兵器が使用されるであろうし、そしてそのような兵器が人類の存続をおびやか しているという事実からみて、私たちは世界の諸政府に、彼らの目的が世界戦争によっては促進されないことを自覚し、このことを公然とみとめるよう勧告す る。したがってまた、私たちは彼らに、彼らのあいだのあらゆる紛争問題の解決のための平和的な手段をみいだすよう勧告する。」

                                  1955年7月9日 ロンドンにて

M.ボルン教授(ノーベル物理学賞)

P.W.ブリッジマン教授(ノーベル物理学賞)

A.アインシュタイン教授(ノーベル物理学賞)

L.インフェルト教授

F.ジョリオ・キュリー教授(ノーベル化学賞)

H.J.ムラー教授(ノーベル生理学・医学賞)

L.ポーリング教授(ノーベル化学賞)

C.F.パウエル教授(ノーベル物理学賞)

J.ロートブラット教授

B.ラッセル卿(ノーベル文学賞)

湯川秀樹教授(ノーベル物理学賞)

http://russell.cool.ne.jp/SENGEN-NENPYO.PDF

http://www005.upp.so-net.ne.jp/russell/RUSSELL-EINSTEIN.HTM